腰や膝を守るために、痛めないためにも
どこにどんな筋肉があってどう動いているのか、そして
筋肉のケアの仕方と鍛える方法についての知識が必要。
もちろんダイエットにも。