海外ホテルサイトにもどんどん出だした、EUの「GDPR」対策

みなさまもきっとお気づきの、こういった画像。
例えばこの Four Seasons フォーシーズンズ ホテルズ&リゾーツ

昨今このような表示が増えてますよね?
例えば「Four Seasons フォーシーズンズ ホテルズ&リゾーツ」さんの場合
※美しいリゾート部分に目が行きそうですが、下の文字がいっぱい書いてあるところです

We use cookies in accordance with our Cookie Notice. Please refer to our Cookie Notice here for more information on how we use cookies and how to adjust your browser settings to block cookies. If you consent to the use of cookies, please click Accept. We will not ask for consent for strictly necessary cookies, but if you choose to block strictly necessary cookies this may affect your website experience.

そして同社プライバシーポリシーへのリンクがあります。
https://www.fourseasons.com/cookiepolicy/

これって、GDPR(EU一般データ保護規則)
「EUに物理的に存在する個人のプライバシーを守る」

EU(EEA)に拠点や現地法人を持たない日本企業のサイトであっても、EUからアクセスできる公開サイトに、お問合せやメルマガ購読のような名前やEmailアドレスを入力するフォームを設置したり、GoogleアナリティクスやAdobe Analytics(やCookieに固有IDを保存するマーケティングツール)を一つでも導入しているだけでGDPRの規制対象になる、というのが今のところの私の理解です。- Web担『Web担当者やWebアナリストはどう対処すればいい?』

プライバシーポリシーやCookieポリシーをしっかりとしましょうということのようですね。(自分の立場で書いてます)

 

ついこの間もニュースに出たばかりですが
『グーグル、GDPR違反で制裁金62億円–仏当局』 – CNET Japan
※こちらのサイトも同様にCookieその他の注意書きがサイト下部に出ています。

提供:Claudia Cruz/CNET

多くのサイトさんもそうかと思いますが、プライバシーポリシーに「当サイトではGoogle Analyticsを利用しており~Googleのポリシーはこちら(とリンクを貼る)」などなど載せているので
もやっとするところではあります。